探偵の調査は犯罪行為?違法と合法のボーダーライン
配偶者の浮気の証拠を掴みたい、行方不明になった人の居場所をつきとめたい、という場合、探偵への依頼を検討される方もいるでしょう。

なんでも屋というイメージが強い探偵ですが、実際には、探偵といえども、できない調査はあります。

今回は、どこまでが合法的な調査でどこからが違法になるのか、について解説していきます。探偵への依頼を検討している方は参考にしてみてください。


探偵の違法と合法のボーダーライン

まず、探偵の調査は、どこからが合法でどこからが違法になるのか、について確認しておきましょう。

1.届け出の有無
探偵になるためには、国家資格などは必要ありません。

つまり、誰でもなろうと思えばすぐに探偵になることができるのです。
とはいえ、「じゃあ、明日から探偵を名乗ろう」と決めることはできません。

合法的に探偵業を営むためには、探偵業法に基づき、
きちんと公安委員会に「探偵業開始届出書」を提出することが義務付けられています。

届出書を出すと、届け出番号が割り振られます。

通常、探偵事務所のHPなどには、
「きちんと届け出を出して合法的に営業をしていますよ」と
伝えるためにこの届け出番号を記載しています。

記載していない探偵事務所は、届け出を怠っている可能性があるので注意が必要です。

届け出を出さずに探偵業務を行った場合、国から行政処分を下され、
一定期間営業することができなくなります。

届け出を出していないと、どんなに法律に則った調査をしていても
「合法的に活動している探偵事務所」だとは言えないのです。

2.素性調査
探偵事務所への依頼で多いのは、
浮気調査・素性調査・行方不明者調査」などです。

素性調査の場合、
対象者の「婚姻歴・学歴・職歴・人柄や評判・異性関係・借金の有無」を調べるのは合法です。

ただし、違法だとみなされる調査も存在します。

違法だと見なされる調査とは、「差別につながる調査」です。

たとえば、特定地域の出身であるとか、過去の犯罪歴などを調べることは、
差別を助長する恐れが著しく高いため、違法だとされています。

3.盗撮・盗聴
探偵事務所は、聞き込みや張り込みで情報を得て、盗撮や盗聴で証拠を押さえます。

ここで気になるのは、「盗撮や盗聴って犯罪なんじゃないの?」ということでしょう。

実は、盗撮や盗聴はやりようによっては合法になります。

たとえば、日本においては、盗聴器の売買は違法ではありません。

盗聴器を買うだけなら罪に問われることはないのです。
また、自分の自宅や、家族名義の車などに盗聴器をしかけても違法ではありません。

たとえば、夫の浮気の証拠を掴むために、
探偵が夫婦名義の車に盗聴器をしかけたとしても、違法性はないのです。

では、どういったケースで違法になるかというと、
それは、自分のではない私有地などに盗聴器を設置した場合です。

盗聴は犯罪?日本国内の盗聴の法律について


その場合、他人の敷地にかってに侵入したとして家宅侵入罪に問われてしまう可能性があるのです。

盗撮でも同じことです。

探偵が探偵事務所の所有しているバンの中から、
浮気相手とラブホテルに入って行くところを撮影しても犯罪ではありません。

ですが、浮気相手の自宅の庭に忍び込んで、
浮気相手の自室内で抱擁しているところを撮影した場合、罪に問われます。

このように、法を破って手に入れた浮気の証拠は、
裁判では無効として扱われますし、逆に家宅侵入罪で訴えられてしまう可能性もあるのです。

4.調査の目的
探偵事務所は、どんな調査でも引き受けられるわけではありません。

犯罪を助長する目的で依頼を受けた場合は、犯罪行為になります。

たとえば、行方不明者を探して欲しいと、
依頼してきた依頼者がストーカーだと判明した場合には、
探偵事務所は依頼を受けてはならないのです。

ただ、ストーカーは自らストーカーだとは名乗りませんから、
依頼を引き受ける前にじっくりと依頼者の真の目的を聞き出す必要があるのです。


依頼者が探偵に調査を依頼する際に注意すべきこと

探偵に調査を依頼する際、第一に気をつけなければならないのは、
きちんと届け出を出している探偵事務所を選ぶということです。

違法な調査を進んでしているような探偵事務所は見届けの可能性が高く、
そういった探偵事務所に依頼してしまっては、後々面倒なことになります。

探偵事務所に依頼する前には、届け出番号をしっかりと確認しましょう。

また、事前にどういった調査報告書がもらえるのかのサンプルを見せてもらっておくといいでしょう。

いいかげんな調査報告書を出すような探偵事務所は信頼に値しません。

探偵事務所に正式に依頼する前に、調査報告書のサンプルを見せてもらうこと、また契約書にしっかりと目を通すことを心がけましょう。

その他の関連する記事

探偵と警察の違いは?警察の捜査と探偵の調査の違い

警察のトラブル相談窓口。警察に相談できるトラブルとは?

探偵業を営むために警察に届出が必要?探偵が守るべき法律

浮気調査にGPSを使うのは違法行為?GPS利用の法律上の問題点