盗撮カメラの設置場所はどこ?盗撮の危険が高い場所をチェック!
最近の盗撮カメラは、ますます小型化しています。

ペン型や電卓型なんてものまであり、一見しただけではカメラだと認識できないものまであります。

今回は、盗撮カメラが設置されがちな場所についてご紹介していきます。
盗聴されている気がする、という方はぜひチェックしてみてください。

盗撮カメラの設置場所。屋内編
まずは、室内での盗撮カメラの設置場所について確認しておきましょう。

1 天井
意外に思われるかもしれませんが、多いのが、天井の設置です

天井に穴が開けられている場合、肉眼では確認できないため、絶好の設置場所なのです。天井に盗撮カメラを設置することで、部屋の中を一望することができます。

また、天井に穴を開けて設置するのではなく、
丸い火災報知器型のカメラを取り付けるという方法もあります。

天井に丸い火災報知器型のものがあっても、人は不自然だと感じず、
盗撮カメラだと疑われない場合も多いのです。

2 家具・実用品

近年、インテリアに自然と溶け込むような形状をした盗撮カメラが
多数販売されています。

置き時計型カメラや、電球型カメラ、なんていうものもあります。
電球で明るく照らしながら盗撮を行うというものです。


こういった実用品を装った盗撮カメラは、簡単に日常生活に忍び込んできます。
というのも、置き時計型の盗撮カメラであれば、あなたの部屋に侵入しなくとも、あなたに渡しておくだけで盗撮をすることができるためです。

それほど親しくない人から、プレゼントを受け取った場合には、安易に受け取らない方がよいでしょう。ぬいぐるみなどのプレゼントも同様です。

中に小型の盗撮カメラを仕掛けるのは、泥棒などのプロでなくても容易です。

3 電化製品
テレビやエアコンといった電化製品に盗撮カメラが仕込まれているというパターンもあります。

こういった電化製品に仕込まれた盗撮カメラは、その電化製品が動き続ける限り半永久的に電力を使い続けることができるため、長期にわたった監視が可能になります。

電化製品まわりは、盗撮カメラだけではなく、盗聴器なども設置されやすい場所ですから、注意が必要です。

4 空き箱


空き箱や段ボールなどに盗撮カメラを設置されるケースもあります。

ごちゃごちゃとした部屋に空き箱が散らかっている場合、ひとつの箱に盗撮カメラが仕掛けられていても住人はすぐには気が付けません。

盗撮カメラが仕掛けられたことをいち早く気がつくためにも、部屋の整理整頓はこまめに行いましょう。

盗撮カメラの設置場所。外出先編
次に外出先での盗撮カメラの設置場所も確認しておきましょう。

1 トイレ・更衣室・試着室

室内に盗撮カメラが設置されている場合の目的は個人を狙ったものになります。
外出先では、不特定多数の盗撮を目的に盗撮カメラが設置されます。

なかでも多いのがトイレなどのプライベートな空間での盗撮カメラ設置です。
目的は、女性の下着や猥褻画像を撮影するためです。

個人で楽しむ場合と、商業的に利用しようと企んでいる場合と2パターンあります。
同様に、ラブホテルなどに設置されているパターンもあります。

2 海水浴場
女性の露出が多くなる海水浴場などで水着姿を狙って盗撮を行う人もいます。

こういった女性の下着や水着を撮影しようと企んでいる輩は多く、警視庁の発表によると、盗撮での検挙率は増加傾向にあるということです。

3 ATM
大掛かりな犯罪に盗撮カメラが利用される例としては、ATMへの盗撮カメラの設置が挙げられます。

ATMに盗撮カメラを設置し、入手した銀行口座番号やクレジットカード番号などをもとに犯罪を犯そうと考えている人もいます。

4 手持ち
また、外出先では、設置するだけではなく、手持ちのカメラで盗撮をしようとしている人もいます。多いのは、階段やエスカレーターです。

女性の下着を狙ってミニスカートの女性の後ろにぴったりとくっついて盗撮しようと企んでいる人もいるのです。

近年は、超小型の盗撮カメラを、革靴の中に仕込んでいるという人もいて、
なかなか盗撮が見破りにくい環境になっています。

さいごに

今回は、盗撮カメラの設置場所について解説してきました。
盗撮は家の中でも外でも行われています。

ストーカー被害にあっている、など盗撮や盗聴が疑われる場合は、
速やかに警察に相談しましょう。


また、駅やトイレ、電車の中などには、盗撮魔が潜んでいる可能性がありますから、充分に注意して行動しましょう。

盗撮している犯人が判明した場合は、警察に通報しましょう。
盗撮は再犯率の高い犯罪ですが、ひとまず盗撮をやめさせるためには、
警察の力を頼るしかありません。
その他の関連する記事

盗聴は犯罪?日本国内の盗聴の法律について

盗聴器はどんな犯罪に利用される?個人や企業が盗聴のターゲット

空き巣の侵入方法から防犯対策を考える、一戸建ての空き巣対策

空き巣対策に絶対やったほうが良い窓の防犯対策6つ