警察のトラブル相談窓口。警察に相談できるトラブルとは?
何かトラブルに見舞われたとき、警察に相談したいと思う人も多いでしょう。

今回は、警察のトラブル相談窓口についてご紹介します。
いざというとき、どこに相談すればいいのか、この機会に確認しておきましょう。
「#9110」に相談
「#110」はご存じの方でも、「#9110」という番号は初めて知った、
という方も多いかもしれません。

「#9110」は、多種多様な相談事に対応できる、警察相談専用番号です。

「#9110」で対応可能な相談事とは
「#9110」では、ストーカー・DV被害・悪質商法・霊感商法の被害・近所や職場でのトラブル、生活しているうえで不安を感じていること、など多様な相談事に対応しています。

「#110」は警察官にすぐに来てもらう必要があるような緊急時に使える番号ですが、「#9110」はまだ事件が発生していない段階から利用できる番号です。

急ぎではない案件で「#110」をむやみやたらに利用してしまうと
本当に今すぐ助けを必要としている人が困ってしまいます。

急ぎではないことで警察に電話する場合は、
「#110」ではなく「#9110」を利用しましょう。


「#9110」に電話をするとどなる?
「#9110」に電話すると、相談業務のプロである警察安全相談員が相談にのってくれます。助言や指導に当たってくれるほか、相談内容に応じて法テラスや消費生活センター、女性相談所など、適切な専門機関への引き継ぎも行ってくれます

「どこに相談したらいいのか分からない」という方は、ひとまず
「#9110」に電話をして、専門の機関を教えてもらうと良いでしょう。


「#9110」にはどんな相談が多い?
「#9110」には多種多様な相談が寄せられます。

一部をご紹介しますと、「窃盗、詐欺、暴行などの刑事事件」
「悪徳商法に関わる取引」「金銭問題」「ペットや放置車両などのご近所トラブル」「家庭内・カップル間での暴力」「痴漢などの性犯罪」などが挙げられます。
「#8103」犯罪被害者ホットライン
犯罪被害者になってしまったら、たとえ犯人がつかまったり、慰謝料を支払ってもらったとしても、癒えない心の傷が残ってしまうことも少なくありません。

被害者であるにも関わらず、氏名を公表されたり、ネットで晒されたり、
心無い陰口を囁かれたりすることもあります。

また、どう頑張っても加害者を許せずにやり場のない怒りにとらわれたり、無気力になって生活が立て直せなかったりすることも少なくありません。

そういった場合に、利用できるのが「#8103」犯罪被害者ホットラインです。

「#8103」犯罪被害者ホットラインでは、犯罪被害者の方の声に耳を傾け、
ひとりで悩まずにすむような場所を提供しています。


平日は毎日5時15分まで対応しているので、「誰かに話を聞いてほしい」
「一人で毎日苦しんでいるのは辛い」という方は利用してみてください。
03-3580-4970 ヤング・テレホン・コーナー
24時間体制で未成年の若者の相談を受け付けているのが、ヤング・テレホン・コーナーです。未成年者本人からはもちろん、未成年の子供を持つ親からの相談にも対応しています。

具体的な相談内容としては、いじめの問題や不登校、不良行動、JKビジネスなどの風俗への関与、などが挙げられます。

03-3580-2222 暴力ホットライン
「暴力団から脅迫されている」「ヤクザに目をつけられて金品を要求されている」「うちの子が暴力団への入会を強制されているようだ」「部屋を賃貸に出したら、いつのまにかヤクザに借りられていた」などの暴力団関係のトラブルに対応しているのが、暴力ホットラインです。

脅迫行為は犯罪ですから、「警察に相談したら暴力団にバレて痛い目にあわされるかも」と一人で悩まず、まずは暴力ホットラインに相談してみましょう。

暴力ホットラインでは、暴力団に詳しい専門家がきちんと対応してくれます。
困っている方は、勇気を出して警察を頼ってみましょう。
03-3593-7970 銃器薬物ホットライン
銃を見つけてしまってどうしたらいいか分からない、
という場合は、銃器薬物ホットラインに連絡しましょう。
まとめ
今回は、警察のトラブル相談窓口を5つご紹介してきました。

警察への連絡というと「#110」しか知らず、何か不安なことがあっても
「#110に連絡するほど緊急じゃないし」と警察への相談を躊躇されていた方も多いでしょう。

生活や安全において、何か不安がある場合は、「#9110」にまずは連絡してみましょう。

警察は、事件が起こってからしか対応してくれないのでは、と警察の対応に不信感を抱いている方もいらっしゃると思います。

ですが、「#9110」では事件を未然に防ぐための相談に応じてくれます。
いざというときのために、「#110」に加え、「#9110」という番号も覚えておきましょう。
その他の関連する記事

警察と探偵の違いは?警察の捜査と探偵の調査の違い

DVから逃れたい女性がするべき5つのDV対策

近隣トラブルは警察に相談しよう!騒音やイタズラなど相談できること

警察のサイバー犯罪に対する取り組み!コンピュータに関する取締とは?

盗聴の被害届の出し方とは?警察は捜査をしてくれるのか

盗難届の出し方!遺失届との違いは?盗難物が見つかった時の手続き